体験談の投稿者:たかし様(32歳 男性)

私は昔からまわりの人に対して自分のことをよく見せたいという思いが強いので、結構見栄をはるためにお金をたくさん使うことが多いです。
しかし私は決して高収入を得ているというわけではないので、私の収入だけではお金が足りなくなってしまいます。
そのため私は定期的に消費者金融を利用してお金を借りていました。

そして消費者金融を利用し始めたころはいずれ返済すればいいと思って、返済のことをあまり深く考えないでお金を借りていました。
そのためどんどん借金の額が大きくなっていってしまい、気づいたら100万円以上になってしまいました。

借金が100万円以上になってしまったら、一般の人が得ることができる収入では返済していくのはかなり難しくなります。
私もそのことに気づいてどうにかしたいと考えるようになりいろいろ調べていたら弁護士や司法書士などの法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらうという方法があることがありました。
法律の専門家というとどうしても敷居が高いというイメージがあって、なかなか相談しにくいと思っていたのですが、私の友人にひとりに司法書士をやっている人がいたのでその友人の司法書士に債務整理の手続きをお願いすることにしました。

そして私は早速、その友人の司法書士に債務整理の手続きをしてもらうために相談にいったら、その友人の司法書士は債務整理を専門にやっていたのですぐに対応してくれました。
また費用も友人ということで着手金は数万円と成功報酬だけで手続きをやってくれるとのことでした。

また友人の司法書士の見解では過払いになっている可能性もあるのでお金が返ってくるかもしれないとのことだったので、私はすぐに友人の司法書士に債務整理の手続きをしてもらうことにしました。

そして友人の司法書士はこれまで何件もの債務整理の手続きをしているので、迅速に手続きをしてくれ、私がお金を借りている消費者金融とうまく交渉してくれました。
そして友人の司法書士の見解のとおり過払い金が結構発生していたので、この過払い金の大半を取り戻してくれました。

私は友人の司法書士に債務整理の手続きをしてもらい、借金問題を解決できてよかったとともに友人に司法書士がいてくれてよかったと思っています。